社名
株式会社ダイナックス
代表者
渡辺 福徳 (わたなべ としのり)
所在地
本社   〒183-005 東京都府中市府中町1-12-7 センタービル
     TEL. 042-360-1621(代表)
     FAX. 042-360-1837
府中Lab     〒183-0055 東京都府中市府中町3-11-15
         TEL:042-340-5911 FAX:042-340-5941
府中開発センター 〒183-0055  東京都府中市府中町1ー20-4
         TEL:042-335-5578 FAX:042-360-1837
大阪事業所    〒558-0041 大阪府大阪市住吉区南住吉1-19-1
         TEL:066-606-4860 FAX:066-606-5160
長居開発センター 〒558-0002 大阪府大阪市住吉区長居西 1-14-17
         TEL:066-609-9060 FAX:066-606-5160
Robot Center  〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村3462
         TEL:0555-85-3229 FAX:0555-85-3229
資本金
4800万円
設立
1977年 7月
従業員数
38名(2017年10月現在)
取引銀行
みずほ銀行、 三井住友銀行
社名
株式会社ダイナックス
代表者
渡辺 福徳 (わたなべ としのり)
所在地
本社   〒183-005
  東京都府中市府中町1-12-7センタービル
  TEL. 042-360-1621(代表)
  FAX. 042-360-1837
府中Lab 〒183-0055
  東京都府中市府中町3-11-15
  TEL:042-340-5911
  FAX:042-340-5941
府中開発センター 〒183-0055
   東京都府中市府中町1ー20-4
  TEL:042-335-5578
  FAX:042-360-1837
大阪事業所 〒558-0041
  大阪府大阪市住吉区南住吉1-19-1
  TEL:066-606-4860
  FAX:066-606-5160
長居開発センター 〒558-0002
  大阪府大阪市住吉区長居西 1-14-17
  TEL:066-609-9060
  FAX:066-606-5160
Robot Center  〒401-0320
  山梨県南都留郡鳴沢村3462
  TEL:0555-85-3229
  FAX:0555-85-3229
資本金
4800万円
設立
1977年 7月
従業員数
38名(2017年10月現在)
取引銀行
みずほ銀行、 三井住友銀行

沿革

1974年(昭和49年)
・(株)システムズ・ダイナックス設立
1977年(昭和52年)
・資本金750万円にて(株)ダイナックス設立
1978年(昭和53年)
・FORTRANコンパイラ開発
1979年(昭和54年)
・スカラロボットのソフトウェア開発に着手
1981年(昭和56年)
・本社を府中に移転
1982年(昭和57年)
・4軸スカラロボット制御プログラム開発
1983年(昭和58年)
・大阪事業所開設
・プリント基板生産システムの開発(松下電器産業殿向け)
1985年(昭和60年)
・資本金1,500万円にする
・廉価版位置決めコントローラSMART/1開発販売開始
1986年(昭和61年) 
・BASICコンパイラ開発。
・位置決めコントローラ、サーボドライバ開発開始
1987年(昭和62年)
・高性能位置決めコントローラFicsシリーズ開発
・同期追従型サーボドライバDC Turboシリーズ開発
1988年(昭和63年)
・資本金を3,500万円に増資
1989年(平成1年)
・サーボドライバ用ASIC(ISA7160FIF)開発
・16ビットマイコン、7160搭載 DC Turbo RPシリーズ開発
1990年(平成2年)
・パルス払出し用ASIC(DXF7170AIM)開発
1991年(平成3年)
・画像認識ボード開発着手
・巻線機コントローラ開発
1992年(平成4年)
・大阪事業所新築落成
・ACサーボ位置決めドライバ AC Turbo IP シリーズ開発
・位置決めコントローラFics-Ⅲ Ver.1.3出荷開始
1993年(平成5年)
・超小型(200CC) ACサーボドライバDASH/200開発
・32ビットRISC型CPU、新開発ASIC搭載 AC Turbo LPシリーズ開始
・ロボットターミナルFics-RT1開発販売開始。後にRT1に名称変更
1994年(平成6年)
・ACサーボ位置決めドライバAtomシリーズ開発
・ACサーボ位置決めドライバAtom-SLIMシリーズ開発
・高速シリアル通信型コントローラ Fics-Atomsシリーズ開発
・3軸一体型位置決めコントローラFics-Turbo 3X開発
1995年(平成7年)
・資本金を4,800万円に増資
・新開発ASIC搭載、第3世代Ficsシリーズ開発
Fics-Ⅲ Ver.2.0出荷開始
Fics-Turbo Twin開発
AC Turbo LP/Atom Ver.3開発。CEマーキング(100V)対応
1996年(平成8年)
・画像処理ボード SV-8230開発・販売(セイコー電子工業殿と提携)
AC Turbo LP/Atom Ver.3.5開発
1997年(平成9年)
・巻線機用テンションコントローラ開発
・オンボードシーケンサFics-PLC開発
・通産省平成9年度創造技術研究開発補助金
1998年(平成10年)
・カスタムCPU SH1(32ビットRISC型)完成
・パソコンPCMCIAカードCBIC-MFC新開発
1999年(平成11年)
・府中Labオープン
・WEB対応受発注・在庫管理システムTWS(Total Web Server for Small Office)開発開始
Ladder Motion販売開始
2000年(平成12年)
・MINAS 17Bit ABS対応ASIC開発
AC Turbo LP/Atom Ver.4開発。MINAS 17Bit ABS対応。
・2相マイクロステップドライバ3軸一体型コントローラPDS/3開発
・Dynax-Korea(Seoul,KOREA)設立出資
・DYNASERVO(Toronto,CANADA)設立出資
・リニアモータ制御
2001年(平成13年)
・タッチパネルコントローラTPC1開発販売
・精密画像処理アライメントコントローラSVC1開発販売
・プログラマブルターミナルPT3開発販売
・プログラマブルターミナルPT3-3開発販売
・株式会社イー・ダイナックス設立出資
・3ポジションイネーブルスイッチ付ロボットターミナルRT1-3開発販売
2002年(平成14年)
・高速カウンタ(10Mpps)ACサーボドライバAtomX開発
・各社、各種リニアモータを制御
・タッチパネルターミナルTT4、コントローラTPC4開発販売
・バス型ACサーボドライバAtom-One開発
・高速シリアル通信型ASIC(DXF7280)開発開始
2003年(平成15年)
・CF(コンパクトフラッシュ)付ロボットターミナルRT1-CF開発販売
・2軸一体型小型DCサーボドライバAtom-DC/2開発
・小型水平多関節ロボットminiSCARA開発
・2軸一体型2相マイクロステップドライバAtom-PDS/2開発
2004年(平成16年)
・5相マイクロステップドライバ3軸一体型コントローラPDS/3+開発
・タッチパネルターミナルTT5・コントローラTPC5開発販売
・ACサーボ位置決めドライバAtom-SLIM Ver.5
・小型垂直多関節ロボットminiCRANE開発
・CF(コンパクトフラッシュ)付ロボットターミナルRT33-CF開発販売
2005年(平成17年)
・レゾルバ対応ACサーボドライバAtom開発開始
・5KW超モータ対応ACサーボドライバAtomLX開発
・小型リニアモータminiLINEAR用ドライバAtom-P4DSC開発
・山梨県富士北嶺にRobot Centerオープン
・品質評価諸設備拡充
・各種新型IPM対応ドライバ開発開始。
・RoHS対応
・24V対応2軸一体型小型ACサーボドライバAtom-AC/2 24V開発
2006年(平成18年)
・大容量(4KW)3軸一体型位置決めコントローラDMC-3X Ver.2シリーズ開発
・ACサーボ位置決めドライバAtom-SLIM Ver.6開発
・miniSeries用24V小型電源、
 超小型ACサーボドライバAtom-A1Atom-AC/2 24V V2開発
・電源分離型3軸一体ACサーボドライバAtom-AC/2,3 V2開発
SCARA/600開発販売
・USB搭載シリアルコントローラ SC SBU開発
・電動アクチュエータ用ドライバAtom-G1開発
2007年(平成19年)
・大阪市長居に開発センターオープン
・大容量2軸(2KW×2)一体型位置決めコントローラDMC-2XL Ver.2.5シリーズ開発
・miniCRANE用3Dシミュレータ開発販売
・ACサーボドライバ組込型miniSCARA/310miniCRANE/445,460,465,455開発販売
・SH4搭載シリアルコントローラSC PCI/CH開発
2008年(平成20年)
・IOM専用ASIC7480開発
・組込型アライメントコントローラSVC7開発
2009年(平成21年)
・サーボドライバ自動検査装置AutoTestServo開発
・カメラ入力付きコントローラSC PCI/CTV開発
2010年(平成22年)
・特殊処理用ロボアームD/M-Arm1開発
・5軸バリ取りロボット制御開発
2011年(平成23年)
・府中開発センターオープン
・24V電源付き1軸コントローラAMC1X開発
AMC3X、Atom-AC/1 UL認定
・ローコスト水平多関節 miniSCARA/200 V2開発
Atom-AC/2 V5開発
・リスボンで稼働中の巻線機システム更新
2012年(平成24年)
・複合シリアル通信用ASIC7380開発
・特殊処理用軽量ロボアームD/M-Arm2開発
・テンションコントローラPTension開発
2013年(平成25年)
・取り出しロボット用制震制御完成
・大容量3軸一体型AMC-000シリーズ開発
・8インチタッチターミナルTT8開発、販売
AMC2XS、Atom-AC/2 24V V5、Atom-A1 V5開発
・組込型アライメントコントローラSVC10開発
・6軸垂直多関節ロボットMantis-2.0開発
2014年(平成26年)
・OEM対応ハンディターミナルHT1開発
・ServoテンションコントローラSTension開発
・特殊処理用軽量ロボアームD/M-Arm3開発
・サーボドライバ自動検査装置AutoTestServoパワーアップ版開発
・定量半田制御用コントローラSS_Cont開発
・画像による測長システムDVMS開発開始
2015年(平成27年)
・6軸垂直多関節ロボット Mantis-3.5、2.0 開発開始
・Bluetooth対応超小型コントローラBSC開発
・特殊処理用軽量ロボアームD/M-Arm5開発
2016年(平成28年)
・6軸垂直多関節ロボット Mantis-3.5、2.0 販売開始
・防水型ロボットターミナルRT5-IP開発
2017年(平成29年)