制御できるモータ

・4極、8極、10極(正弦波)等ほとんどの永久磁石型ACサーボモータ
・各種リニアモータ
・DDモータ
・各種シリアルエンコーダに対応
・リニアモータ+サーボモータ+パルスモータの混在システムも対応可能
 (シリアル通信制御システム、パルス列制御システムともに混在システム対応可能)

ドライバのタイプ

位置決めコントローラ機能を内蔵した位置決め型サーボドライAtom Series、AtomR Seriesと
パルス入力型サーボドライバAC Turbo Seriesがあります。

サーボドライバ 特 徴
位置決め型ドライバ
Atom Series
AtomR Series
・コントローラ機能を内蔵した位置決め型ドライバ
・単軸の位置決めはIO制御で可能(コントローラ不要)
・S字制御の位置決めをローコストに実現
・高速シリアル通信SRingを搭載したAtomR SeriesはDYNAXのSerial Controllerと組合せることで多軸補間制御が可能
・速度制御、トルク制御にも対応可能
パルス入力型ドライバ
AC Turbo Series
・超高速、高精度な同期追従型パルス入力型ドライバ
・ACサーボモータをパルスモータ感覚で使える
・DYNAXのPulse Controllerと組合せることで多軸の補間・同期制御が可能

 

位置決め型サーボドライバは通信方式によってAtom SeriesとAtomR Seriesがあります。

位置決め型
サーボドライバ
通信方式と
通信速度
最大
軸数
  主な用途
Atom Series RS485
1.25Mbps
31軸 ・Serial Controllersによる多軸制御
・単軸の位置決めはIO制御で可能
(コントローラ不要)
・速度制御、トルク制御にも対応可能
AtomR Series SRing
(RS422)
5.00Mbps
8軸 ・Serial Controllersによる多軸補間制御
(巻線機、多関節ロボットなど)
・速度制御、トルク制御にも対応可能

 

位置決め型ドライバ、パルス入力型ドライバともにハードウエア構成で電源一体型と電源分離型があります

ハード構成 位置決め型ドライバ
Atom/AtomR Series
パルス入力型ドライバ
AC Turbo Series
電源一体型 ・20年以上の歴史を継承
 Atom(R) V5.3 Series
・シリアル通信専用タイプ
 Atom(R) V5S Series
・主電源、制御電源分離タイプ
 Atom(R)-SMF / SLF
・20年以上の歴史を継承
AC Turbo Series
電源一体型多軸 ・2軸一体型
 2-AtomsH(R) Series
 2-AtomsL(R)V3 Series
・3軸一体型
 3-Atoms(R)V3 Series
(ラインナップなし)
電源分離型 ・電源分離により超小型化
 Atom-mini Series
 Atom-SLIM Series
・電源分離により小型化
AC Turbo SMX/SLX Series
パルスモータ用 ・1軸2相パルスモータドライバ
 Atom-PDK/1C Series
・2軸2相パルスモータドライバ
 Atom-PDK/2C Series
・3軸2相パルスモータドライバ
 Atom-PDK/3C Series
(ラインナップなし)

 

5.Servo Drivers